第7期高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画

2018年3月に
  第7期河内長野市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画市役所HPより)が発表されました

6つの基本方向を定めて取り組む
  1.地域包括ケアシステム構築の基盤づくり
  2.介護予防と健康づくりの推進
  3.認知症施策の推進
  4.高齢者の尊厳と権利を守る仕組みづくり
  5.安全・安心・快適に暮らせる住まいとまちづくり
  6.高齢者の生きがいづくりや社会参加の促進

  いきいき情報誌が関係する章は
    第6章 項番6 「高齢者の生きがいづくりや社会参加の促進」だと思われます
    「輝く」も引き続き高齢者の社会参加についてフォローしていく予定

第7期高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画

高齢者いきいき都市構想

河内長野市高齢者いきいき都市構想を策定しました
  ※令和元年に市役所HPより削除

これからも活力あるまちであり続けるために、市民の健康寿命を延ばすこと、そして、今まさに高齢期を迎えた団塊の世代をはじめ高齢者がいきいきと活躍できるまちづくりと、生きがいを感じながら地域で活躍する高齢者が増えていくことで、新たなまちの活力、まちの魅力を生み出していけるような地域社会をめざし、市民とともに理念や目標を共有し共に取り組んでいくため策定しました。


1.高齢者いきいき都市とは
  「高齢者いきいき都市」とは、市民一人ひとりが自らの健康寿命を延ばし、高齢期を健やかに、自分らしい生きがいをもっていきいきと暮らすことで、まち全体が活力あるものとなるまちの姿をあらわしたものです。

2.高齢者いきいき都市の将来像
  河内長野市がめざす高齢者いきいき都市の将来像を「高齢者がいきいきと暮らす笑顔と活力のあふれるまち」とします。

3.基本目標
  高齢者いきいき都市をめざし、4つの基本目標を掲げます。
    ・健康寿命を延ばし、高齢者が健やかでいきいきと暮らせるまち
    ・高齢者が知的探究心を失うことなく、生涯にわたって楽しく学び集えるまち
    ・社会参加や社会貢献など高齢者が活躍する場が充実したまち
    ・人と人とのつながりを大切にし、誰もが安心して暮らせるまち

基本方針と施策の方向

その1
その1

その2
その2

その3
その3

その4
その4

その5
その5

admin-ajax
パンフレット

 

admin-ajax
河内長野市高齢者いきいき都市構想

いきいき高齢課の仕事

*************************************************

掲載後、約2年が経ちます
課の名称が4月から「いきいき高齢・福祉課」に変わりました、
担当課長も変わっていますので、当記事は28年7月に削除しました

*************************************************